土が足りない!

日曜日に作業をした代わりに、昨日はオフ日でした。今朝はよい天気です。


・・・・・!
b0131646_16571803.jpg
久々に、雪かきから始めましょう。今日も、助っ人A君が、お手伝いしてくれます。

ユンボ、大活躍ですが、遠くまで土を運ぶのは得意ではありません。ユンボが届かないところは、ネコ(=一輪車)で運びます。
b0131646_16572350.jpg
湖側を盛土したため、土が足りません。ダンプで運んでもらった土で、残りは埋め戻しします。
b0131646_16573772.jpg
今日は、運んでもらった4山のうち、3山まで使いました。




[PR]
# by gauche2004 | 2008-02-12 17:00

埋め戻しは、詰め将棋のように

今日は、朝から、おだやかなよい天気です。中島が湖面に映って、とてもきれいです。
b0131646_16501121.jpg
ちょっと後ろめたさを感じながら、静寂を破ってユンボで埋め戻し作業の続きをやります。

建物の北側に、ほぼ水平に土を盛って、午前中の作業終了。ひとまず、基礎の外側の埋め戻しは終了です。
b0131646_16501554.jpg

午後からは、基礎の中に取り掛かります。まずは、パン窯の基礎から。ほかの部分より高くしてあるので、結構土が必要です。遠くまで土を運ばなくて済むように、どこに盛ってある土をどこに戻すか、考えながら、棟梁がユンボで土をすくって入れて行きます。まるで詰め将棋のようですねぇ。

昨日も散歩していた猫が、今日も通りかかります。ちらりとこちらを見ただけで、通り過ぎていきました。
b0131646_16502091.jpg
表面に砂利を入れて、パン窯部分は終了。おっちいが上に上って、スコップで表面をほぼ平らに均します。いい眺めですねぇ。

続いて、土間部分に移ります。盛っておいた土の表面は凍って硬くなっているので、ユンボでもなかなか割れません。土山の中の方も、掘ったときに凍っていた土は、そのまま凍っているので、崩してすくうのも一苦労です。

日暮れまでやって、土間部分、埋めきれませんでした。明日から天気が崩れるとの天気予報。基礎の外はほぼ平らになったので、基礎部分だけにしっかり養生して、今日の作業は終了です。



[PR]
# by gauche2004 | 2008-02-10 16:52

ネコの手も借りて、埋め戻し

今日は埋め戻しの続きです。助っ人A君と「火消しのMさん」が、朝から、お手伝いに来てくれています。


南側は、
b0131646_16425687.jpg
だいたい、良いようですね。

北側は、
b0131646_16430113.jpg
これからです。

今日の仕事は、主にユンボが得意とする作業です。棟梁が、ほいほいユンボを動かしています。取り除けないといけない雪が、まだたくさん残っていて、なかなか土を動かすところまで行きません。

休憩の後、助っ人K嬢が加わります。
棟梁が、湖畔側の雪をユンボで押しのけている間、山側の雪を人力で押しのけます。3人寄れば、人力だって、結構な仕事率です。
b0131646_16431440.jpg
除雪作業が終わって、ユンボは湖畔側の埋め戻しにかかります。その間、山側は人力で埋め戻しです。つるはしで、しばれた土山を砕き、ごろごろと固まった土を、スコップですくって、ネコ(=一輪車)に入れ、ネコを押して目的の場所にザバッとあけて、スコップで均す。これはかなりの重労働、ユンボのありがたみが身にしみます。今日も散歩のトラ猫は、全く手を貸すそぶりも見せず、いつものように、悠然と通り過ぎます。

雪が降らないうちに、せめて基礎の外側の埋め戻しは終わらせたい!日暮れ後も、作業は続きます。
b0131646_16432134.jpg
湖の向こうに、街の明かりが見えます。

基礎の周り、ほぼ埋め戻し終了。これで、雪が降っても大丈夫。決して、除雪作業がなくなるというわけではありませんが・・・。




[PR]
# by gauche2004 | 2008-02-09 16:42